何時までも少年の時の心

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ開設3年目に当たり

<<   作成日時 : 2010/09/08 03:41  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 おはようございます、もうじき3年目です、此れまで当ブログに御訪問下さりありがとうございます。
近頃更新疎かで申し訳ありません。メインのブログを「ヤマケンの家電のみどころ」に移して更新中です。
此方のブログは最近起こった出来事などを中心に書いてゆこうと思います。
此れからも不定期な更新になりますが、よろしくお願いします。
 今年は記録的な猛暑で大変でしたね。
最近のテレビから伝わるニュースには唖然とする出来事が多すぎます。
私が一番びっくりな事件は、3年前に元居近所のミイラ化した高齢者から広がりを見せた、100歳以上の方の所謂
消えた高齢者問題です。まさか近所で時々見かけて居たあの女性「孫娘」がその様な事件に関与していたとは、
改めて消えた年金も合わせて、行政の取り組みのずさんさを思い知らされました。
今の折角変わった政権も、内部のがたつきで私たち有権者を無視した、頼りなさも心配です。
一刻も早く国民が安心、安定した生活が取り戻せる世の中を作り変えてもらいたいです。
 昨日テレビで久々に出演した女性歌手がいました。
一人は歌謡曲「みちづれ」で一世風靡した、牧村三枝子です。
大ヒットの後極貧の実家に一戸建てを建てて上げるのが目標で、北海道から15歳で一人で飛び出して来て
やっと掴んだ、10年以上の念願のメガヒットで成し遂げた安堵感で、次の目標を失い毎日お酒におぼれてしまい
気が付いたらうつ病と肝硬変で、劇痩せの闘病生活、其処に同期の小林幸子からの手紙とカセットに録音した言葉に、光を受けて回復へとたどり着き、昨日の笑顔の出演でした。
次に再出発の女性歌手は突然の交通事故で、頭がい骨骨折で記憶喪失で、200万枚のヒット曲を含めて
600曲の覚えた曲を全部忘れてしまい、新たに新人として再出発の初めてのライブ会場に足を踏み入れたが、其の脚も体も緊張で震えて、やっと覚えなおした過去のヒット曲も、緊張で頭から離れてゆきそうに成っていた
すると、会場から彼女の大ヒット曲が段々と大きな歌声と聴こえてきた、其の歌は彼女の清らかな歌で大ヒットした
尾瀬の自然が目に浮かず「四季の歌」です。
</br>

此のヒット曲が流行っていた頃は、日本は皆が明るく希望を持って、毎日を過ごしていました。
下町では夜遅くまで、飲み屋の赤提灯が灯り、カラオケの流れる中で怒鳴りながら、叫びながら、うめきながら、自分の持ち歌を歌っていましたね。私が勤める電気店&レコード店は毎日が大盛況で忙しかったです。何時の間にやら年が過ぎ去って、其の栄えた下町も消え去り、ビルとマンションの立ち並ぶ人情味が消え去った町並みに変わった行きました。ご年配の方が蛍光管や電池の古い見本を手にして、同じものを買い求めに来られていた、あの
風景が今も目に焼きついています。今は其の場所はアウトレットの洋菓子店に、、、、時の流れのわびしさ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
四季の歌 芹洋子
【CD】四季の歌/坊がつる讃歌/芹洋子 セリ ヨウコ..... 芹洋子「四季の歌」C/W「坊がつる讃歌」C/W「鈴の音山河」C/W「おもいでのアルバム」C..... ブログ開設3年目に当たり 何時までも少年の時の心/ウェブリブログ ... 曲も、緊張で頭から離れてゆきそうに成っていたすると、会場から彼女の大ヒット曲が段々と大きな歌声と聴こえてきた、其の歌は彼女の清らかな歌で大ヒットした尾瀬の自然が目に浮かず「四季の歌」です。 昔と変わらず綺麗なままの芹洋子さんでした。 .......... ...続きを見る
潜在意識
2010/09/11 16:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  
ブログ開設3年目に当たり 何時までも少年の時の心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる